流行の水着

ビキニの流行続き

デザイナーとしては、ほとんど無名だったレアールに対して、すでにデザイナーとして有名だったエイムのビキニは、高い評価を得ました。
ビキニを考案したのは、エイムだということになっています。
発表した当時から、現在のビキニ同様に肌の露出度がとても高い水着でした。
あまりの露出度と大胆さから、当時は、ほとんどビキニが着用されていなかったそうです。
そして、アメリカにおいては、1960年代のはじめごろまでは、一般ビーチではビキニが着用禁止となっていました。
その後、1946年、マーシャル諸島にあるビキニ環礁で行われた、アメリカによる、第二次世界大戦後初の原爆実験がビキニ流行のきっかけとなりました。
その報道の直後、1946年7月、レアールが、その水着が周囲に与える、大胆さ、破壊的威力を原爆にたとえて、「ビキニ」と命名したのです。
日本では、1950年にビキニが輸入されました。
一般的に着られるようになったのは、1970年代になってからです。
キャンペーンガールとして、当時、大人気だった、アグネス・ラムさんのビキニ姿を、みなさんも覚えていらっしゃるでしょうね。
当時の日本でも、とても衝撃的であり、とても流行したポスターでしたよね。
1960年にはブライアン・ハイランドの「ビキニスタイルのお嬢さん」と言う曲が流行しました。
日本でも、この曲がヒットして、田代みどりや坂本九などが、カバー曲を歌っています。
こうして大流行を迎えたビキニスタイルの水着ですが、1980年代中期あたり、日本では一時的に、ビキニが廃れて、ワンピース水着が流行しました。

 ビキニの流行続き 

生命保険の基礎知識  国民年金  3B体操  シロナガスクジラ  ハンバーグ  サプリメントの活用法  ベジタリアン  産後ダイエット  低インシュリンダイエット  レンタルサーバー
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi