流行の水着

ビキニの種類その3

ホルダーネックタイプの水着は、胸の大きさが強調されるデザインになっていて、当時、アグネス・ラムや、根本はるみなどが着ていて流行しました。
また、水着以外の服でも、パーティードレスなどにも見られるようで、同じタイプのお洋服も、ホルターネックと呼ばれているものもありますね。
ホルダーネックのドレスなどは、流行と関係なく、根強い人気がありますので、ハリウッドのスターたちもいまだに着ていますよね。
「レモンブラ」という水着は、ビキニの中でも、ブラが名前通り、レモンの形や、ラグビーボールの形に似た、横長の形をしているものです。
チューブトップと似ているところもありますが、レモンブラは胸の内側と外側が、対象になっておらず、胸にぴったりとフィットするようになっています。
首の後ろはヒモ、背中はヒモか、布で固定しています。
レモンブラは、名称も聞いたことのないという方が多いと思いますし、私も実際に見たことがありません。
日本人にはあまり馴染みのない水着のような気もしますし、日本では、それほど、流行っていなかったということでしょうかね。
確かに海外で流行するデザインであっても、日本人の体系には似合わないものが多いですからね。
海外の方のようにダイナマイトボディをお持ちの方でしたら、こうした水着も似合うのでしょうが、日本人の体は外国の方と比べるとどうしても貧弱に見えてしまいますよね。
それから、「チューブトップ」は、言葉の意味が筒状のトップと言うことで、ブラにヒモがついていないタイプの水着です。
チューブトップの水着は、左右のブラの間にリングがあったり、V字状のヒモがついていたり、デザインもワンポイントを加えたものが多いです。

 ビキニの種類その3 

生命保険の基礎知識  国民年金  3B体操  シロナガスクジラ  ハンバーグ  サプリメントの活用法  ベジタリアン  産後ダイエット  低インシュリンダイエット  レンタルサーバー
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi