流行の水着

ビキニの種類その2

大きな胸を持つ方にとっては、隠す部分が極端に少ないので、とてもセクシーですし、小さな胸の方でも、可愛く着こなせるデザインになっています。
ビキニタイプの水着と言えば、原点は、この三角ビキニでしょうね。
デザイン的には、大きな欠点もありませんし、衝撃にも特別に強い訳ではありません。
特に、トップの中央から首の根元にかけて、ずれやすくなっています。
首ひもはトップの真上に対して、直角に付いているものもありますし、斜め外側のパイプと一体化しているものもあります。
トップと、背ひもは固定されず、ブラの下をトンネル状にして、そこをヒモが通っているタイプも多く見られます。
これは、バストの大きさによって、ブラの位置を左右にずらして着用できるメリットがあります。
ですが、そのメリットは、逆に、横からの衝撃でずれやすいというデメリットになっています。
ハワイなど海外では、開放的になり、このような三角ビキニも着ている方が多そうですが、いくら三角ビキニが流行したとしても、日本のビーチでは、見かけることも少ないかと思います。
さて、「ホルダーネック」タイプのビキニは、トップを、ヒモではなく、大きな二等辺三角の布のようなものでカバーしたタイプです。
ブラは基本的に、左右対称ですが、胸の内側から外側に曲ったデザインの水着もあります。
背中はストラップでなく、布を縛っているデザインが多く、背中が大きく開くので、そのセクシーさから、ホルダーネックタイプが流行したのだと思います。

 ビキニの種類その2 

生命保険の基礎知識  国民年金  3B体操  シロナガスクジラ  ハンバーグ  サプリメントの活用法  ベジタリアン  産後ダイエット  低インシュリンダイエット  レンタルサーバー
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi